子供が小さなうちに様々な体験をさせた方がいいといわれていますが、本当にそうなのでしょうか? 結論からいうと、その通りです。 できる限り色々な体験をさせることで、言語能力や運動能力などの基礎を作り上げる事ができるはずです。 そのため、何も体験をしないよりも、体験した方が良いです。 子供の頃に五感をとおして様々なことを体験させると、脳に刺激を与えることが出来ます。 この刺激が子どもの成長において、非常に重要になってきます。 ただし、これは絶対にしておかないとダメだということはないため、子供が興味をもったことをどんどんさせてあげるというのがいいですね。 例えば、泳ぎたいのであれば水泳をやらせてあげればいいですし、音楽が好きなら楽器を習わせたり、クラシックのコンサートに行くのもいいかもしれません。 また、子供と一緒にスポーツをしたり、どこかに旅行に行ったり、キャンプをしたりするのも貴重な体験です。 1つのことを集中的にやることも大切ですが、小学校低学年くらいであれば、まんべんなく色々なことを体験させるなさってくださいねー